医師の診療・投薬の必要性があると判断した場合、支援の前後に関わらず医療機関への受診をお願いしており、業務においては医療機関や自治体と連携して、利用者様が安全に支援を受けられるように努めます。