S__4833285.jpg

赤ちゃんが生まれたその日からはじまる抱っこ。抱っこは、赤ちゃんとの日々の暮らしの営みの中で誰もが行うことの一つです。ベビーウェアリングとは、「道具を使って抱っこやおんぶをすること」。「抱っこ紐」は多くの養育者が準備する子育て用品の一つだと思います。

●ベビーウェアリングのメリット

触れていることで赤ちゃんが安心します。スキンシップやアイコンタクトが増え、親子の絆がより深まります。親として自信がつき、子育てが楽しくなります。

適切な姿勢でのベビーウェアリングは、発育性股関節脱臼を予防します。また抱っこする人とともに動くことは赤ちゃんの脳や体の発達を促します。

また抱っこする人の身体の負担を軽減します。活動範囲が広がります。

●一番いい抱っこ紐とは?

抱っこ紐は身に着ける道具です。世の中には、沢山の抱っこ紐がありますが「最適な抱っこ紐」というのは人それぞれだと考えています。皆さん洋服や靴など身に着けるものは、ご自分の体に合うものを選ぶでしょう。ブカブカな靴をいつも履いていたら足が痛くなったり靴擦れしたりしますよね。体に合わないブラジャーをつけて快適にすごせるでしょうか?抱っこ紐も同じです。皆さん一人ひとり体型も性格もニーズも異なります。それに加えて赤ちゃんの体格もそれぞれです。トレンドや口コミで選ぶのではなく、自分に合った抱っこ紐を使うことで、心地よい抱っこが叶います。当院では、だっこやおんぶについての情報提供や養育者自身が自分にあった道具を選んだり、使い方を覚えたりするサポートをしています。

抱っこ紐を使用するときのポイント https://bwdacco.com/about-us-2/free-download/